「赤い指」東野圭吾

加賀恭一郎刑事シリーズ。とは言うものの、加賀刑事中心に話が動くのではなく、どの話にも主人公は別に一人いて、その人物のフィルターを通して加賀刑事の活躍を事件の真相に関連する要所要所で描くスタイル。主人公より出番はぜんぜん少ないのに、加賀刑事はなんか印象的なんだよね。特に今回は、父親との関係性が、事件と別軸で動いていて、今までよりも加賀刑事像が浮かび上がってきた感じ。

東野圭吾の取り扱うテーマはいつも重く、今回は「核家族+少年犯罪、介護etc」。なんというか、今回も重いし、経験をしていない私でも、その細やかな心の動きの描き方に苦しくなりました……少年が少女を殺してしまう、まで、よりもその後の少年、母親に、そして父親の様子にありそうで怖い……現実離れしていないところがほんとに怖い

最後のおばあさんの話はちょっと劇的に過ぎるきらいがあると思ったけど、背景にある問題があるのは日本が抱えている問題そのもの。

新作、「新参者」も読みたいと思わせられる迫力でした



赤い指 (講談社文庫)
講談社
東野 圭吾

ユーザレビュー:
懊悩する家族に、社会 ...
壊れた家族の描写で、 ...
いつか自分たちも老い ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 東野圭吾『赤い指』

    Excerpt: 赤い指講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『赤い指』を紹介します。本書は、現代の家庭問題、認知症、引きこもり、嫁姑問題、いじめ問題などを扱った社会派ミステリーといえるでしょう。 ある日.. Weblog: itchy1976の日記 racked: 2010-04-20 01:59
  • 『赤い指』 東野圭吾・著|鬼嫁+馬鹿息子+減点パパ=人間失格

    Excerpt: 「あ、これ一度読んだことがある」と、 数十ページ進んだところで気づいた。 とうとうボケが始まってしまったか(泣) しかしこれは二回目のほうが心に刺さる。 とくにワタシのような親不孝.. Weblog: 23:30の雑記帳 racked: 2010-06-09 23:32
  • 赤い指

    Excerpt:  テレビドラマ「新参者」で阿部寛の演技が光った加賀恭一郎シリーズの第7番目の事件を扱った「赤い指」(東野圭吾:講談社)。事件的な設定は、加賀刑事が日本橋署に異動する前で、まだ練馬署に在籍していた時代と.. Weblog: 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館] racked: 2010-11-09 18:07