映画「マリと子犬の物語」

2004年の新潟県中越地震で、山古志村(現・長岡市)で起きた実際のエピソードを元に映画化された作品。と言っても、どのあたりが事実で事実じゃないかはインターネットで検索してもよくわからないのだけれど……

中越地震でも被害がひどかった山古志村に残された犬マリとその子犬たち。もちろん他にも残された生物たちはいたのだろうけれど、子犬を守り抜いて助かったマリたちは、希望の光明だったのかも。なんか軽々しくコメントできません。



マリと子犬の物語 スタンダード・エディション
東宝
2008-06-13

ユーザレビュー:
いい映画でした新潟県 ...
涙がとまらないサスペ ...
たくさんの思いやりこ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック