アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ

タイトル 日 時
映画「闇の列車、光の旅」
映画「闇の列車、光の旅」 サンダンス映画祭や、その他有名な映画祭で数々の賞を受賞した作品。 原題は「Sin Nombre」 (=without name)とのことです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 0

2010/07/05 00:43
映画「告白」
映画「告白」 松たか子主演、原作湊かなえの話題作。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/03 22:27
映画「マクロスフロンティア 虚空歌姫(イツワリノウタヒメ)」
マクロスフロンティアの映画版です。 前後編の前編。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/04 00:08
映画「グラン・トリノ」
映画「グラン・トリノ」 妻に先立たれた偏屈といってもいいクリント・イーストウッド扮するウォルト。韓国戦争を生き残り、フォードの工場で50年働き、古きアメリカの精神を持つウォルトは、自由で奔放、よく言えばポジティブなザ・アメリカとはまた違った意味のザ・アメリカ人。その頑固さと立ち居振る舞いの乱暴さから、実の息子からも敬遠されている。自分の家の芝生に人が入れば、ライフルを突きつける……それが結果として、少数民族ミャオ族の少年を助けることにつながり、ウォルトの世界が少しずつ広がっていく ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/09 00:17
映画「さまよう刃」
東野圭吾 原作の映画 主演 寺尾聰と竹之内豊だったら、予告見ただけで行きたくなります ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/11/04 22:11
映画「サブウェイ123 激突」
デンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタ、名優2人の頭脳戦が見所な一作 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/26 22:23
映画「サマーウォーズ」
「時をかける少女」細田守監督の監督作品&怒涛の宣伝で観たくなって観てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 23 / コメント 0

2009/08/01 22:05
映画「ココ・シャネル」
試写会があたって行ってきました ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/17 20:44
映画「崖の上のポニョ」
映画「崖の上のポニョ」 ポーニョポニョポニョのフレーズでお馴染みのジブリ作品 レンタル解禁になったので早速レンタルしました ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2009/07/10 22:07
映画「愛を読む人」
映画「愛を読む人」 原題は"The Reader" 戸田奈津子さん、訳うまいなぁ…… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/06 20:28
映画「エヴァンゲリオン 新劇場版 破」
ニュース見る限りはかなりの好発進のようですね。前回と比べて上映劇場数も40近く拡大したみたいだし。おかげで私も近所で観れました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/01 22:17
映画「レボリューショナリーロード」
映画「レボリューショナリーロード」 ホラーだよ、これ(汗) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/20 22:33
映画「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」
映画「スカイ・クロラ   The Sky Crawlers」 押井守監督の長編アニメ。名前は聞いたことがある監督だと思ったら、甲殻機動隊の監督らしい……って、これも菅野ようこさんが音楽やってるって名前しか聞いた事ないのだけど(汗) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/15 23:16
映画「重力ピエロ」
映画「重力ピエロ」 伊坂幸太郎のベストセラー小説の映画化。 伊坂作品は小説でゴールデン・スランバーを読んだことがあるだけだけれど、なんとなく二作共通して、すっきりとしない余韻が残った感じ。好きか嫌いか分かれる気もするけど、人気があるのだから、需要があるんだろうなぁ……私は気分によるかな…… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/04 22:06
映画「スラムドッグミリオネア」
アカデミー賞8部門受賞の話題作 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 5

2009/06/02 21:57
映画「余命1ヶ月の花嫁」
映画「余命1ヶ月の花嫁」 実話をもとにした映画。 23歳という若さで乳がんに侵されてしまったヒロイン(榮倉奈々)と彼女を支える恋人(瑛太)、そして周りの人々の話。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

2009/05/23 14:57
映画「天使と悪魔」
映画「天使と悪魔」 かなり映画観たのですが、書く気力がなく。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 2

2009/05/22 20:19
映画「マーリー―世界一おバカな犬が教えてくれたこと 」
映画「マーリー―世界一おバカな犬が教えてくれたこと 」 予告編を観たときは始終コメディかと思ってましたが、コメディよりもホームストーリー色の方が強かったです。 それでも世界一おバカな犬と銘打たれたマーリーのハチャメチャ振りはコメディ要素も十分。いい意味で意外性の乏しいストーリーをマーリーのキャラクターで映画に出来たのだと思う 子どももいないし、犬を飼ってない私には、そのリアルさがわからないのだけど、経験者は共感も得られるのではないかと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/04/14 22:30
映画「レッドクリフ PartI」
映画「レッドクリフ PartI」 三国志でも有名な「赤壁の戦い」を描いた作品 昨日からPartIIが公開されたためか、TSUTAYAで新作でも半額キャンペーンやってたので借りてみました ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/04/12 20:58
映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」
映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」 チーム・バチスタの栄光の続編。ただ、別に前作を観ていなくても一話完結で十分楽しめます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

2009/03/30 22:08
映画「闇の子供たち」
映画「闇の子供たち」 臓器移植を目的とした幼い子供たちの人身売買や幼児売買春をタイを舞台に描いた作品。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/22 19:51
映画「誰も守ってくれない」
第32回モントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門で最優秀脚本賞を受賞した話題作。 実の兄が殺人を犯し、突如として容疑者の妹として周囲の悪意ともとれる(ほとんど悪意)視線を集めることになった少女を志田未来、過去に尾行操作中に犯人を泳がせた結果新たな被害者を生んでしまったことで自分を責め続ける刑事を佐藤浩市、ドキュメンタリー風の感情移入しきれない感じの映画でしたが、それも1つの表現方法なのだろうかと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/07 22:41
映画「告発のとき」
映画「告発のとき」 「クラッシュ」のポール・ハギス監督が実話をもとにイラク派遣兵士のPTSDを描く作品。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/10 23:01
映画「クワイエットルームにようこそ」
映画「クワイエットルームにようこそ」 アルコールを飲んで睡眠薬を多用し、精神科病棟に送られた明日香(内田有紀)。本人に自殺の意思がなかったにも関わらず、同棲していた恋人にも自殺だと勘違いされ、精神病棟のクワイエットルームへ隔離。最初は自殺の意思がなかったと思っていた明日香も、零れ落ちた記憶を断片的に追いながら、自分の奥底の感情に気づいていく…… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/09 16:55
映画「眉山」
映画「眉山」 さだまさしの小説の映画化。小説は読んでませんが、解夏を読んだときと同じく、最後にすとんと心にはまる作品でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/08 23:05
映画「おくりびと」
モントリオール世界映画祭グランプリとなった滝田洋二郎監督の一作。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/05 23:06
映画「容疑者Xの献身」
テレビドラマシリーズが好評だったガリレオの映画です。 ……説明する必要もないか。初日の舞台挨拶も話題になったし、今日も映画館は大盛況でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/11/01 23:38
映画「マリと子犬の物語」
映画「マリと子犬の物語」 2004年の新潟県中越地震で、山古志村(現・長岡市)で起きた実際のエピソードを元に映画化された作品。と言っても、どのあたりが事実で事実じゃないかはインターネットで検索してもよくわからないのだけれど…… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/18 19:31
映画「単騎、千里を走る」
映画「単騎、千里を走る」 「初恋のきた道」「あの子をさがして」で有名なチャン・イーモウ監督が高倉健さんを主役に撮影した映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/06 21:28
映画「黒いオルフェ」
映画「黒いオルフェ」 ギリシャ神話のオルフェウス伝説を基にして、ブラジル詩人ヴィニシウス・デ・モラエスの戯曲を、マルセル・カミュ監督がリオ・デ・ジャネイロに舞台を置き換えて描いた話。1954年の名作。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/10/05 21:40
映画「落下の王国」
サボりました。 この期間、結構いろいろ観たり読んだりしてるんだけどね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/09/30 22:20
映画「それでも生きる子供たちへ」
映画「それでも生きる子供たちへ」 7つの国の子供たちを7人の監督が描いた短編集 それぞれの話が連動しているわけでもなく、あくまでも短編集。それでも共通するメッセージはあるのかな。 子供は本能に忠実だから、「生きる」ことが自然、というのか、ごく当たり前に生きようとしている、というか。それぞれの子供の境遇は、条件だけ並べたら決して好ましいものではないけれど、必死に、強かに、鮮やかに生きている様子が描かれてると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/08/04 22:18
映画「相棒-劇場版- 絶体絶命!42.195km東京ビッグシティマラソン」
今頃かよ、って感じですが観てきました。さすがに観客もまばらで、いつもの映画館でした(笑)。でもインディ・ジョーンズには長蛇の列と子供達……落ち着くまで待つかレイトショー以外で観るのはやめようと誓いました。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/28 19:37
映画「西の魔女が死んだ」
梨木香歩の小説の映画化。moyuの大好きな小説です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 4

2008/06/26 22:53
映画「マザー・テレサ」
オリビア・ハッセイの渾身の演技が魅力の一作。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/18 20:52
映画「幸せになるための27のドレス」
「プラダを着た悪魔」のスタッフがおくるにのせられて観てきた一作。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/17 23:25
映画「ザ・マジックアワー」
三谷幸喜の最新作。怒涛のプロモーション活動でご存知の人も多いんじゃないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/06/15 21:51
映画「夕凪の国 桜の街」
なんか更新停滞気味。 でも観てるものも読んでる漫画や本は溜まってたりするので、そのうち内容忘れそう。。。そうならないためにはじめたブログだったんだけどなぁ……まぁ、ゆっくりやってきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/22 22:05
映画「キンキーブーツ」
友人の勧めもあり、DVDをレンタルして鑑賞。結果、良い作品でした〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/05/10 23:16
映画「ボーイズ・ドント・クライ」
性同一性障害の少年(少女)を描いた衝撃作。1993年、美少年ブランドン(ヒラリー・スワンク)はバーで刑務所帰りの2人の男に会う。誘われるままに車に乗り、街を出る。そこで出逢った少女ラナと楽しく順調な生活を送っていたが、性同一性障害=身体は少女であるということがバレた時から、恋人のラナを除き、周囲の態度が一変する……"him"という言葉を使い続けるのはラナだけで、ラナの母親は"it"と言っていた。"her"ですらない…… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/27 19:23
映画「フィクサー」
今度は他の映画に浮気せずにちゃんと観てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/04/23 19:18
映画「ぼくたちと駐在さんの700日間戦争」
さいっこうでしたO(≧▽≦)O 面白いとはきいてたけど、映画館行くまではフィクサー観る予定で、「でも、あんまり気分じゃないなー。同じ時間に笑えるって言ってた映画がやるー」と観たら大爆笑。もう、ほんとに笑いまくりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/20 21:20
映画「砂と霧の家」
まったくの予備知識なしに観たけど、めちゃくちゃ有名作品だったらしい。観て納得。観るまでタイトルから(あと貸してくれた友人の趣味を考えて)ホラー作品だと思ってた(笑)。このブログ読んでたらごめんよ(汗)>爆 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/18 22:57
映画「トランスアメリカ」
性同一性障害の父(性転換手術を受ける直前)に突如あらわれた何も知らない息子。継父との関係は最悪で、NYで留置所にいれられたところで保釈金を払って欲しいというところから話は始まり、父だということを隠したまま(肉体的には男性であるということも)2人でNYからLAへ車で向かうロードムービー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/11 21:37
映画「天空の草原のナンサ」
モンゴルづいてる? 実はこっち観た方が先なんだけど ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/10 21:32
映画「モンゴル」
アカデミー賞ノミネートで話題になりましたね〜 私もその口で観にいって来ました。単に歴史ものが好きっていのもあるけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

2008/04/09 20:23
映画「バンテージ・ポイント」
アメリカ合衆国大統領(架空)に対する銃撃を8人の視点から描く斬新な作品。 同じ時間軸を共有しながらも、1人、1人と進むごとに少しずつ真実が見えてくる構成も面白い。アクションも派手なので、楽しみながら観れた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/05 23:33
映画「明日への遺言」
第二次世界大戦の事実を「法廷裁判」というかたちで見つめ、一人の日本人将校の生き様を描く佳作。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/26 20:59
映画「グッドモーニング ベトナム」
懲りずに続けました。英語字幕(爆)。 でもこれは英語字幕で見続けた自分偉い(自画自賛)! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/18 20:35
映画「シリアナ」
イランとアメリカをメイン舞台としながら、石油利権を四者の立場から描いた社会派ドラマ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/17 21:37
映画「オリバー・ツイスト」
史劇が好きなので、CMを見て期待していたのだけど、正直うーん??? (期待してたくせに、今頃観たのかとかおいといて) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/03/16 21:44
映画「ナイロビの蜂」
最初は、現在と主人公の過去の記憶が入り混じって、「なんだろう、最近、こんな映画観た事ある気がする」と思って観てたのだけど、観終わってから思い出した。マイティ・ハート。あの映画もこんなつくりだった。せめて途中で思い出せてれば、もっと映画に集中できたのかもしれないと思うとちょっと残念。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/11 22:34
映画「リトル・ミス・サンシャイン」
問題を抱えまくりの家族のロードムービー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/09 20:03
映画「陰日向に咲く」
劇団ひとりの小説の映画化……といっても原作を読んでないので映画だけの印象だけど(いつもと逆パターンだ)、名作とか秀作とかじゃなくて、いい映画だと思った。なんか、テレビの2時間ドラマとかとは確かに違う、『映画』を観た感じがする。最近、テレビの延長のイメージの萌芽が多いので、そういう意味では監督すごいなと。いや、原作もよいのだろうけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/27 22:51
映画「守護神」
……グッド・ウィル・ハンティング? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/25 21:33
映画「ナイト・ミュージアム」
なんか、The Hollywoodな感じの映画でした 夜になると動き出す博物館の展示模型たち。冴えない主人公がリーダーシップを発揮して、展示物と和解し、統率して、泥棒を捕まえる。主人公の息子との親子問題の解決。冴えない主人公から、少し面白くてでも息子からはすごいと思われる父親へ。踊る展示物。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/20 22:35
映画「シュガー&スパイス 風味絶佳」
マイクかっこよすぎっ(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/10 21:37
映画「ディパーテッド」
焼き芋、焼きたて美味しい……いや、こんな時間に食べてないですよ? スーパーでなんか名店販売(?)があったについふらふらと。夕飯代わりにしてしまった(*゜ー゜)> ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/30 23:25
映画「幸せのちから」
寒すぎ。風強すぎ。ほんとこたつで丸くなりそうな日(昨日はなってた)。コブクロの名曲「桜」の”寒さにうちひしがれないように”の歌詞に、私が出演できそうな日々(←意味不明) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/13 23:46
映画「ルワンダの涙」
今や悲しい史実として(希望的観測だけど……)広く認識されているルワンダの大虐殺を描いた秀作。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/12 22:36
映画「ドリーム・ガールズ」
配役も豪華なアメリカン・ドリームのミュージカル 歌はパワフルだし、時代も60年代でいろいろなものがエネルギッシュで、ザ・エンターテイメントな感じが素敵。 アメリカン・ドリームは古きよき時代の残像なのか、それとも、今もアメリカという国で生き続けてるのかわからないなーとふと考えてしまった。それでも日本よりははるかにいわゆる大きい夢を持ちやすい(与えやすい? 移民多いし)国かもしれないけれど、このときのエネルギッシュさは失われつつある気がするのは、国力が大きくなって、システムが整いつつあるからなの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/29 00:05
映画「マイティ・ハート -愛と絆-」
パキスタンで拉致されたジャーナリストとジャーナリストを救出すべく活動するさまざまな人々の心の動きを描いた作品。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/24 00:53
映画「オペラ座の怪人」
世界中でミュージカルが大ヒット、ロングラン作品の映画化。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/17 13:56
映画「アフター ウェディング」
デンマークのスザンネ・ビア監督の家族愛を描いた映画。 2007年のアカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/15 22:13
映画「間宮兄弟」
江國香織の小説の映画化。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/27 21:53
映画「クラッシュ」
L.A.を舞台に繰り広げられる人間のエゴと人種、民族という厚い壁の物語。 カリフォルニア、しかもL.A.で厚い壁があるとすれば、アメリカの各地では、もっと厚い壁があることは容易に想像できる。 私自身、アメリカに少しの間住んだときに、混ざり合ったようで混ざり合っていない社会を多少なりとも目の当たりにしたけれど……些細なエピソードが多い中で、「ある」と思えることが巧みに描写され、絡み合っている。人間のエゴとは何か、人種とは、民族とは、痛ましい現実を突きつけられる作品。それでも、観た後にかすかな希... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/26 21:49
TV「タッチ〜Miss Lonely Yesterday あれから、君は・・・〜」
不朽の名作。タッチのアニメ版続編。 設定は、達也と南が大学の三年生。ずっと一緒だった二人が別々の大学に通っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/25 18:37
映画「少女ヘジャル」
異民族-老人と少女-の交流を描いたトルコ映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/23 23:41
映画「秘密」
東野圭吾の人気小説の映画化。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/22 20:31
映画「EVANGELION 新劇場版:序」
10年(?)くらい前の大ヒットアニメを前四部作に分けてやる映画の第一弾。(エンディングが同じになるのか知らないけど。。。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/19 12:04
映画「HERO」
6年前(?)に大ヒットしたドラマの映画。 作品内でも6年が経過したことになっていて、配役に違和感がなくていい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/17 11:33
「Shall we Dance?」
周防監督の原作を観た事がないので比較できないけど、観易くてよかったんじゃないかと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/10 21:53
映画「ゆれる」
人の心のゆれを静かに描いた作品。 心の奥底にあった小さな妬みも、ヒステリックな瞬間も、現実ではたまたまつながらないから映画のような悲劇にならないけれど、パーツパーツを取り出したら日常的に起こっていることなんじゃないかと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/09 20:43
映画「フラガール」
うわさの名作だけあって、良い作品でした…… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/15 23:07
「ボルベール<帰郷>」
複数の「帰郷」を物語に織り込んでいる秀作。 タイトルが言い得て妙(原題でも「帰郷」なんだろうか??? スペイン語はわかりません。。。) 映画観た後にそう言えるタイトルに会うと気分がいい。 そういう意味では「バベル」もよかったかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/29 21:50
時をかける少女
ひそかに(?)評価が高かった作品。 TVでやってたので観てみたら、好印象でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/25 23:20
「LIMIT OF LOVE 海猿」
本編も前作も観たことがない状態で観たけど、特にストーリー上困るところはなし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/30 00:39
「アンフェア the movie」篠原涼子、他
篠原涼子が格好いい女刑事を演じる人気ドラマの映画続編 同じ原作で映画、連続ドラマ、スペシャルドラマ、とやるよりは、続編とかのほうがいいと思う……というのは一般論であって、この映画に限っての話ではなく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/04/01 21:49
「Udon」
観たあとに美味しいうどんが食べたくなると評判の映画。 観た後は確かにうどんが食べたくなったし、つくりたくなった なんか、広い場所で生地をこねたり踏んだりしたいー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/07 23:19
映画「マリー・アントワネット」
http://www.ma-movie.jp/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/01 23:45
映画「7月24日通りのクリスマス」
http://www.724-christmas.com/index.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/13 23:02
映画「不都合な真実」
アル・ゴア氏が環境問題に対する取り組みの緊急性、身近さ、個人が行動を変えれば、政治が真剣に問題に取り組めば、未来が変わることを訴えたドキュメンタリー映画。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/12 18:58
映画「皇帝ペンギン」
映画……かな? でもドキュメンタリーとも違うし、映画館でやったし映画か??? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/25 22:56
映画「アイ・ロボット」
間違って昨日書いたの消してしまった。。。悲しい。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/19 22:38
映画「武士の一分」
山田洋二が藤沢周平の作品を映画化。 つくりは丁寧だし、キャストは豪華。 個人的には小林稔侍が、大河ドラマ「吉宗」や「秀吉」のときのような 格好いい武士を演じてくれるのを願っていたため、さびしかった(T T) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/31 00:18
プラダを着た悪魔
ファッションがいい、って話題の映画通り、ファッションがすごくよかった。 クラッシック+モダンって感じで、普段、ファッション雑誌を読まないmoyuでも、勢い買って(しかも海外の)お洒落したいと思わせるぐらいのパワーがあった。 ストーリーも小気味よくて、いろいろ嫌なことがあってもやもやしてるときに見るとすかっとする感じ。豪華な日常気分を味わいたいときにもおすすめ。プラダを着た悪魔 (特別編) (ベストヒット・セレクション) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/27 23:58
映画「幸福な食卓」
Yahoo!のオンライン試写会で観た作品 幸福な食卓 主人公(中学生)の家庭や学校の様子が、ゆっくりと、淡々と描かれている序盤から中盤。 だからこそ、何気ない家族や学校の様子に昔のことを思い出したりしながら見ていたわけですが……後半は急転直下。 どうしてあのエピソードが必要だったのか、釈然としないところはあるけれど、「臆病な家族の奇妙で優しい共生」はうまく描かれていたと思う。個人的には、「甘える」ってほんと主観的だから難しいなっていうのが一番残った作品。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/12/24 02:29

トップへ | みんなの「映画」ブログ

ほっとけない 世界のまずしさ
Powered By イーココロ!
moyu's junk box 映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる