moyu's junk box

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「告白」

<<   作成日時 : 2010/07/03 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

松たか子主演、原作湊かなえの話題作。

予告が面白うそうだったこと、話題作、本屋大賞受賞作品、松たか子ファンなので観てきました。
……そんな説明しなくても、映画いっぱい観てますが。。。

映画館で観てよかった映画でした。
なんと日本語字幕つき。はじめはなぜ?と思ってたけど、あれだけめまぐるしくシーンが変わって、生徒たちが騒ぐ矯正の中で、それぞれの登場人物の「告白」を読み取らせるにはあってよかったのかも。それよりもところどころの挿入歌の意味を際立たせるためにも、字幕が必要だったのかも。

内容的にも「少年犯罪」というテーマの1つを考えると、不謹慎な感想だけど、おもしろかった。

いい意味で話がどこにいくのかわからない構成がまず◎ 
登場人物の「告白」ナレーションも、「え? 今度どことんだ?」と思わせながらも、映像だけで表されたらついてけなかったと思うのでよかった。松たか子が語りだけで、こんなにうまいとは思わなかったし。

時系列や主観がばらばらでいい意味で複雑ででも糸が通ってる感じ。原作がいいのか、監督の腕がいいのか、両方がいいのか……今度原作読んでみます。

唯一、もしかして難点かもしれないのは、音楽や映像の結構「流れ」のいいつくりになってるから、主題の少年犯罪や復讐や現代の子供事情etc、子どもがいない私には、怖いと思いつつ、そういう意味ではあんまり訴えられた感じがなく……。ミステリーとしては面白いけれど、そういう意味では、私には同じテーマでも東野圭吾作品の方がうったえられるものが大きいようです。読後感は悪いけど(汗)。でも、やっぱり原作読んでみないと、本当に訴えられるかどうかはわからないのでやっぱり読みます。本屋大賞の本って、はずれ少ないし。



告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
双葉社
湊 かなえ

ユーザレビュー:
あまりにも、眼を逸ら ...
絶望は面白い。図書館 ...
普通に面白いです書評 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ほっとけない 世界のまずしさ
Powered By イーココロ!
映画「告白」 moyu's junk box/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる