moyu's junk box

アクセスカウンタ

zoom RSS 「3月のライオン」羽海野チカ

<<   作成日時 : 2010/01/15 00:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「ハチミツとクローバー」で人気を博した著者の次作

私は本作の方が好きです。ハチミツとクローバーは繊細で、登場人物の心情が入り組んでいて、実はちょっとわからなかったのです……女子力のなさ(汗)? 感受性の低さ(汗)???

17歳の少年プロ棋士を主人公に話は進みます。
幼少の頃に両親と妹を事故でなくし、「生きるための手段」として将棋を選ぶのが、他の少年少女のスポーツ作品やヒカルの碁のプロの世界に身を投げる少年少女の話と違うところ。でも、体に絡み付いている将棋は、吸盤のように主人公を放さず、主人公の心も揺らぎながら、将棋の世界に入ったり離れたりと、読み応えがあります。将棋の世界に織り込むように主人公の心の中の動きや他者との関係性が編みこまれてくるのも引き込まれます。早い頃に両親をなくし、引き取られた家でも複雑な人間関係があったため、自己否定と他者とのコミュニケーションが不得手な様子も、テーマとしてはありがちだけど前面に出てこない謎めいた部分があるので、古い感じもせず。

主人公は才能はあります。なければ中学生でプロにはなれないだろうし。でも才能故に壊してしまったものや、その才能は絶対ではなくて、思い悩む主人公の心の動きは繊細なようでちょっと攻撃的なのも面白く……

現時点で3巻まで刊行。次巻が楽しみです



3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)
白泉社
羽海野 チカ

ユーザレビュー:
冬の日差しのような前 ...
将棋マンガです読む前 ...
☆5つ「将棋」を選ば ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おお、3月のライオンだ! 連載誌も題材もマイナーなのに、こんなに広まっているとは、やはり羽海野チカすげーというべきか。
私は最初は、主人公がウジウジしてたり、格好良い棋士が余りいなかったりで、好きになれなかったんだけど、3巻掲載分あたりからすごく好きになりました。「A級ナメてんじゃねーぞ」後藤さん大好き!
Wize
2010/01/15 23:53
掲載誌、たしかに聞いたことのない雑誌だった。なんか本屋で話題になってて、最近近所のTSUTAYAでレンタル始まったので借りました。羽海野チカすごいよね。
序盤はちょっとわかりづらかったんだよね。でも、だんだん面白くなってきた感じ。後藤さんか〜、私は今のところ好きな人はいない感じ。でも読み続けるよ〜
moyu
2010/01/17 23:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
ほっとけない 世界のまずしさ
Powered By イーココロ!
「3月のライオン」羽海野チカ moyu's junk box/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる