moyu's junk box

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ペルセポリスT イランの少女マルジ」マルジャン・サトラビ

<<   作成日時 : 2008/04/16 20:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

イスラム革命、イラン・イラク戦争という時代のイランを、著者(当時10-14歳)の視点から描いた漫画。

伯父の死や友人の亡命、ヴェール着用の強制、デモetc...取り扱っている内容は非常に重いはずなのに、著者のシニカルというかなんと表すべきかわからないけれどユニークな視点で描いてあるため、暗い気持ちで読み進めるようなことはなかった。一番しっくりくるのはイランのちびまるこちゃん、って感じかな。なんか、外から見るとそんな暗澹たる時代にも、普通(?)に成長していく子供がいて、家族があるんだってちょっとほっとしました。裕福みたいだし、かなり特殊な例なんだろうけど。

絵は白黒。というか、黒が多い。トーンって何? ぐらいの勢いでたまに人が水玉の服をきてるぐらい(笑)

固い本だと手が出ない人も(私も)、これならすんなりと手が出て、オイルの他にも中東で起きていることの予備知識が身につくのではないかなー。映画があるらしいので、観たい一作です。


ペルセポリスI イランの少女マルジ
ペルセポリスI イランの少女マルジ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ほっとけない 世界のまずしさ
Powered By イーココロ!
「ペルセポリスT イランの少女マルジ」マルジャン・サトラビ moyu's junk box/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる