moyu's junk box

アクセスカウンタ

zoom RSS 「夕凪の街 桜の国」こうの史代

<<   作成日時 : 2008/02/24 14:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

映画を観にいこうと思ってたけど終わってしまい、ふと、原作らしき漫画があったので手にとってみた。

ヒロシマに原爆が投下された後、復興する街で生きていく人々。そして、何十年か経て、その街に居た人を追おうとする人。

なかなか言葉が見つからないけれど、私なんかに言われたくないかもしれないけど、傑作だと思う。原爆投下の瞬間やその後の凄惨さを、中学・高校時代にも「黒い雨」や「夏の花」とか何冊か読まされて(受動形(汗))、「歴史」として認識していたけれど、この漫画を読んで、悲劇は続いているのだと強く感じた。生き残ったことに対する後ろめたさと生きててもいいのだと許しをどこかで求め続ける主人公。許されたと感じた直後に発症する原爆症と自己の生への執着の自覚……やさしいタッチの絵で淡々と描かれるその流れにはあてはめる言葉がないくらい。

続く桜の国は、私たちと夕凪の街をつなぐ世界。被爆が現実から過去、歴史へと変わろうとする様子とその中に置き去りにされてしまいそうな被爆者(親族も含め)の様子が垣間見える。

被爆者にとっては現実が、日本にとっては、被爆の経験を歴史としてしまったその断絶が今を生きる私たちにとっては一番の悲劇なのかもしれない、と考えさせられる一冊。

夕凪の街桜の国
夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ほっとけない 世界のまずしさ
Powered By イーココロ!
「夕凪の街 桜の国」こうの史代 moyu's junk box/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる